うなじを綺麗に脱毛するには

 

 

うなじはそれほどムダ毛の濃い場所ではありませんので、そのままにしておいても気にならないという人も多いようです。しかし、髪をアップしたり短くカットしたりすると意外と目立つ部分でもありますので、元々ムダ毛が濃くて目立つという場合にはしっかりとケアをしておかなければなりません。

 

顔に近い場所で、同じように皮膚の薄い部分ですので、抜くのは怖いからと除毛で済ませる人もいます。確かに処理を行う時に全く痛みがありませんので刺激が少ないように感じてしまいますが、実は除毛はとてもリスクのある処理であり、気付かないうちに皮膚に傷をつけてしまう恐れがあります。

 

よくあるのが、カミソリやシェーバーで皮膚の表面を削り取ってしまうことです。削り取られた後はとても無防備な状態になり、バリア機能が正常に働きません。
 
その傷は目で確認して分かるほどではありませんので重要なこととして認識できない人がほとんどですが、実際には外的刺激に負けて皮膚トラブルを引き起こす要因になるので軽視できません。

 

また、皮膚に負担をかけることで厚くなって代謝が鈍るケースもあります。皮膚が厚くなるとムダ毛が皮膚の下で成長してしまう埋没毛も起こりやすくなりますので、トラブルの起こりやすい肌になります。

 

これらのことを考えると、除毛では安全に処理を行うことが難しいということが分かります。

 

うなじを脱毛する方法

脱毛の場合、一時しのぎの方法はあまりお勧めできません。それは、何度も処理を繰り返しているうちにダメージを蓄積させてしまうからです。ダメージから回復しきらないうちに次の処理を行ってしまうと、より大きなダメージを受けることになって皮膚の異変が起こりやすくなります。

 

また、皮膚が薄いので抜く時に出血などが起こることもあり、その場合にはその部分からばい菌や皮脂などが入り込んで毛のう炎が引き起こされる可能性もあります。毛のう炎が起こっている間は炎症によって痛みを感じたり赤く腫れたりしますが、治まった後でもメラニン色素が沈着して残ってしまうケースがあります。

 

首の後ろは髪型によっては紫外線を浴びやすいパーツですので、一度メラニン色素が沈着してしまうと回復するのが難しく、徐々に濃くなってしまうことも多々あります。ですから、できるだけリスクを減らすためには負担の少ない方法で抜かなければなりません。

 

一時しのぎの方法のほとんどが皮膚に負担をかける割には効果が小さく、後々にトラブルを引き起こすこともありますので、せっかく処理を行うのなら本格的な方法を選ぶことが大切です。

 

 

安全に処理したい場合

 

 

安全に処理したい場合、最近行われている方法の中でもっともお勧めなのが光脱毛です。この方法では、ムダ毛の黒いメラニン色素にのみ反応する特殊な光を使っています。

 

ですから、周辺の皮膚にダメージを与えることなく、ムダ毛だけを処理することが可能です。照射を行うと、光はムダ毛に吸収されて熱エネルギーに変換されます。

 

その熱エネルギーが毛根にある毛包や毛母細胞にダメージを与えることで再生組織に影響を与えることができます。

 

処理を行えるのは成長期にあたるムダ毛だけであり、黒いメラニン色素を持たない段階のムダ毛には反応させることができません。

 

ですから、施術を行う時には毛周期に合わせて何度も通う必要がありますし、かかる期間も長くなりますので、あらかじめどれくらいかかるものなのかをきちんと確認しておくことが大切です。

 

 

光照射を行う方式

光照射を行う方式では、デリケートな肌をいたわる嬉しい効果があります。ムダ毛を無くそうと照射を行った部分では肌中のコラーゲン生成の働きが活発になりますので、ハリを失った肌も美しく蘇ります。

 

代謝が活発になることでターンオーバーが活性化され、肌細胞の生まれ変わりが促進されますので、トラブルを含む肌細胞の排出が進んで様々なトラブルを解消できる方法でもあります。

 

例えば、色素沈着や毛穴の開き、赤み、黒ずみ、くすみなど様々な悩みを解消してくれる方法ですので、美肌作りにも役立ちます。最近この方法が選ばれることが多いのは、こういった美容面での効果が注目されているせいかもしれません。

 

一つだけ注意しなければならないのは、施術を受けた後にすぐにムダ毛がなくならないということです。
 
照射を行った直後に縮れ毛のような状態で抜け落ちるものもありますが、多くは数日間が経過した後自然に抜け落ちますのでそれまで待たなければなりません。

 

抜けるまでにムダ毛が伸びているように見えることもありますが、実際には伸びているのではなく皮膚細胞の働きで上の方へと押し上げられているだけです。毛根の働きは停止していますので、きちんと待てば抜けます。

 

それまでは、炎症を鎮めるためのケアを継続しながら、しっかりと保湿を行うことが大切です。

 

保湿を行うと肌中の水分と油分のバランスがちょうど良い範囲に調節されて肌細胞が元気になりますので、回復を早めることができます。

脱毛サロンランキング

関連ページ

種類別に脱毛を自己処理で行う際に気を付けること
気温が高くなると着用する服装なども肌の露出が多い服装になります。効率よく短期間で全身脱毛を済ませたいならプロの美容スタッフがいる脱毛サロンやエステサロンなどの美容専門施設を活用することがおすすめです。種類別に脱毛を自己処理で行う際に気を付けることについて紹介しています