種類別に脱毛を自己処理で行う際に気を付けること

 

 

自己処理で脱毛を行うと、それぞれメリットとデメリットが存在します。

 

剃刀や電気シェーバーなどを使って剃る方法

まず、剃刀や電気シェーバーなどを使って剃るのは一番手軽で簡単な方法なので、よく使われる方法です。

 

一般的な剃刀を使った方法は、ムダ毛を処理すると同時に、肌の表面を削ってしまいます。そのため、剃刀負けなどのトラブルを起こしてしまうことがあり、頻繁に処理をしていると肌に大きなダメージを与えてしまいます。

 

電気シェーバーは剃刀とは違い、肌へのダメージは少ないので、身体のムダ毛を処理するのにお勧めです。一番良いのは、フェイス用のI字型の剃刀がベストです。

 

剃刀を使う場合には、汚れた状態のままだと、剃刀でついた雑菌により炎症や肌トラブルの原因となってしまいます。ムダ毛を蒸しタオルで柔らかい状態とすることで、剃りやすくします。使用する際には必ずシェービングクリームやジェルを使うことがお勧めです。

 

ボディーソープや石鹸の泡などだと、肌の表面の皮脂を落として、肌に与えるダメージを大きくしてしまい、肌トラブルの原因となってしまうため、必ず専用のクリームやジェルを使用し、ムダ毛をしっとりさせることが大切です。

 

剃刀は、必ず毛の流れにそって剃ることが大切です。毛の流れに逆らって剃ると肌へのダメージが大きくなり、肌トラブルの原因となります。処理が終わった後は、肌が火照っているので、冷水で毛穴を引き締めることができるので、かゆみ防止をするためにも効果的です。

 

最後に、アフターケアとして、美容クリームやローションなどでアフターケアをすることも忘れずに行うことで、乾燥した肌を補い、アルコールが含まれている化粧水などは殺菌効果で炎症を防ぐ効果もあるのでお勧めです。

 

 

毛抜きやワックスなどで、毛を根元から抜く方法

次に、抜く行為は、毛抜きやワックスなどで、毛を根元から抜くため、次の毛が生えるまでに時間がかかるということがメリットです。

 

しかし、特に根本から毛を引き抜くため痛いということがあります。また、肌や毛穴へのダメージは大きく、長く続けていると毛穴が盛り上がってしまったり、色素沈着をおこしてしまうこともあり、肌内部で毛が埋もれて炎症を起こしてしまうといったトラブルにもなってしまいます。

 

ワックスで行うと広範囲の毛を処理することができますが、どちらにせよ毛を抜くという行為は変わらないため、痛みを避けることはできません。

 

 

除毛クリームやムダ毛を明るく脱色する方法

溶かす方法は、除毛クリームを使うのが一般的です。

 

肌の表面に見えているムダ毛を溶かす方法で、具体的な使い方としては、クリームを塗ってから数分後に洗い流すという方法です。簡単で痛みもない方法ですが、薬剤が肌に合わないこともあり、肌が弱い人には向いていません。

 

また、使える場所も、腕や脚に限定されているものが多く、腋やデリケートゾーンなどには使えないものが多いです。ムダ毛を溶かすほど強い薬品ということで、肌の弱いところには使えません。

 

脱色は、ムダ毛の色を脱色して明るくし、目立たなくする方法です。

 

除毛クリームのように、人によっては肌に合わないという場合もあるため、肌の弱い人は避けた方が良い場合があります。また、伸びてくると脱色した部分と新に生えてきた黒い毛の部分が混在して目立ってしまうため、不自然に見えてしまいます。

 

除毛クリームや脱色などを行う際に、バッチテストを行い、その薬剤が自分の肌に合うかどうかテストしてから行うことがお勧めです。バッチテストは商品の説明書きに記載しているためそれを参照して行います。

 

ただし、一度テストして問題がなかったからといっても、その日の体調やホルモンバランスによっても薬剤に負けてしまう場合があるので、やるたびにパッチテストを行い、合わない場合には別な方法で行うしかありません。

 

 

自己処理で起こってしまうトラブル

脱毛の際に自己処理を行うことで起こってしまう主なトラブルとして5つ挙げることができます。

 

まず、剃刀や毛抜きで処理をしたあと多くみられる埋没毛は、毛の再生サイクルが早く毛穴が塞がった状態で、毛が皮膚の下で再生して、皮膚の下で毛が伸びてしまう状態です。
これを自分で処理すると、炎症を起こしてしまい、繰り返すと痕が残ってしまうこともあります。

 

次に、肌が黒ずんでしまう色素沈着は、腋などのムダ毛が多い部分を処理した際に、炎症や刺激でメラニン細胞を活性化させることで起こりやすくなる色素沈着。

 

ムダ毛の処理をして傷ついた肌が再生し、新しい皮膚となる際に、傷跡が残ってしまう瘢痕

 

ムダ毛処理の際に、角質層にダメージを与えることで、肌のバリア機能が低下することで招く乾燥は、刺激物を入り込みやすくしてしまい、肌荒れを進行させてしまいます。

 

最後に、不衛生な環境で剃刀などによる処理を行うことで、傷ついた皮膚や毛穴から砂金が侵入して、赤みや腫れや化膿などの炎症を引き起こしてしまう毛のう炎があります。

 

 

脱毛を自己処理で行う方法は手軽で簡単に行うことができますが、肌トラブルなどのリスクなども考えて、正しい方法で行うことが大切です。

脱毛サロンランキング

関連ページ

うなじを綺麗に脱毛するには
気温が高くなると着用する服装なども肌の露出が多い服装になります。効率よく短期間で全身脱毛を済ませたいならプロの美容スタッフがいる脱毛サロンやエステサロンなどの美容専門施設を活用することがおすすめです。うなじを綺麗に脱毛する方法について紹介しています